トップ > 毛穴の悩み > クレーター毛穴(デコボコ毛穴) > クレーター毛穴の原因と効果的な毛穴ケア方法

クレーター毛穴の原因と効果的な毛穴ケア方法

ニキビによる炎症を指でいじったり、つぶしてしまう
毛穴の角栓を指で押し出したり、毛抜きで圧迫して取り出す
などの行為を行ってしまうことで、毛穴の開きが過剰に開き、ニキビ跡が残ったままで、凸凹な肌になってしまう状態のクレーター毛穴。

クレーター毛穴は、メイクで隠そうと思っても、なかなか隠すことができず、また一度なってしまうと治すのも難しいのが現状です。 美容クリニックでのレーザー治療でも完全に治すことは難しいです。

しかし、エステサロンでの毛穴ケアを続けることで、ある程度は肌表面の凸凹を抑えることができます。また、エステサロンでの毛穴ケアは、美容クリニックと比べて費用が抑えることが可能なので、経済的に無理なくケアを継続することができるのもメリットです。

エステサロンでできるクレーター毛穴ケア

クレーター毛穴は、肌の真皮層までえぐられて、凸凹になった状態といえます。 そのため、肌の真皮層の構成成分であるコラーゲンやエラスチンの生成を促進させるケアや、肌細胞を刺激し肌代謝を活性化させて、真皮層を再生させるケアを行うことで、肌表面の凸凹を少しでも抑えることができます。

肌のコラーゲン生成を促進させるケア

ビタミンCには、肌のコラーゲンやエラスチンを生成させる効果があるといわれています。 そのため、エステサロンでは、ビタミンCを、イオン導入や超音波導入の技術を用いて、肌にしっかり浸透させるケアを行います。

イオン導入は、肌に微弱電流を流すことで、美容成分を肌へ浸透させる方法で、超音波導入は、超音波の振動で、美容成分を肌へ浸透させる方法です。通常、ビタミンCは肌に浸透しづらい成分ですが、エステサロンでは、専用の機器を用いて、イオン導入や超音波導入を行うことで、より多くのビタミンCを肌に浸透させることができます。

肌の新陳代謝を活性化させるケア

一部のエステサロンでは、肌に特殊な波長の光を当て、肌細胞に刺激を与えることで、肌の新陳代謝を活性化させ、肌トラブルの元に直接アプローチする光フェイシャルができるところもあります。

帯状毛穴は、シワのように角質層~真皮層の形状を変化させてしまいますが、エステサロンで光フェイシャルを行うことで、肌の新陳代謝を活性化させ、真皮層を再生させることができます。その結果、帯状毛穴を目立たなくすることが可能です。

ニキビによる炎症を指でいじったり、つぶしてしまう 毛穴の角栓を指で押し出したり、毛抜きで圧迫して取り出す などの行為を行ってしまうことで、毛穴の開きが過剰に開