トップ > エステサロン体験レビュー > リファクリア体験レビュー > 毛穴汚れに強い電動洗顔ブラシ・リファクリアをお試し

毛穴汚れに強い電動洗顔ブラシ・リファクリアをお試し

手洗顔では落としにくい毛穴の奥に詰まった汚れや古い角質を除去することができるとあって人気急上昇の電動洗顔ブラシ。 毛穴エステを行う合間に、毎日使い続けることで、エステの効果も持続して、毛穴の引き締めをキープすることができます。 毛穴エステを行くまででもないけど、毛穴の開きや黒ずみがちょっと気になるという方にもおすすめしたアイテムです。

各メーカーから販売されている電動洗顔ブラシ。 使ってみたいけど、肌を傷めるのではないか?肌にダメージを与えるしまうのではないか?と不安に思っている方も多いと思います。 特に敏感肌で肌荒れを起こしやすい方は、余計肌へダメージを与えないようにしなければと思い、手洗顔を行っている方もいるでしょう。

しかし、最近は電動洗顔ブラシも進化していて、手洗顔よりもやさしく、かつ、しっかり毛穴の奥の汚れを落とせる電動洗顔ブラシが販売されているんです。 なかでもおすすめなのは、敏感肌でも使えるほど肌にやさしい、世界初の3Dソニックイオンテクノロジーで世界一汚れが落ちて、世界一肌にやさしい、3D音波洗顔ブラシ「ReFa CLEAR(リファクリア)」です。

ReFa CLEAR(リファクリア) 詳細はこちら!

「ReFa CLEAR(リファクリア)」が採用している3Dソニックイオンテクノロジー

「ReFa CLEAR(リファクリア)」の最大の特徴は、世界初の3Dソニックイオンテクノロジーを採用しているところ。

現在販売されている電動洗顔ブラシは、回転式と2D音波式の2種類に大きく分けられます。 手洗顔よりは肌の汚れは落ちるものの、肌へ余計な摩擦をかけやすかったり、毛穴の奥の汚れへはアプローチできなかったりと、完璧な使い心地ではないのが現状です。

・回転式タイプ
(特徴)

平面的な動きで立体的な部分にアプローチできない。 ブラシの毛先が寝てしまうので毛穴の奥の汚れをかき出すことができない。 肌へ余計な摩擦がかかってしまう。

(回転式タイプの洗顔ブラシ)

フィリップス洗顔ブラシ、パナソニック濃密泡エステ、プロアクティブ洗顔ブラシ(非売品・ニキビケア化粧品のプレゼント)

・2D音波式
(特徴)

左右にしか動かないため、毛穴の奥にある汚れにアプローチできない。

(2D音波式タイプの洗顔ブラシ)

クラリソニック、クリニーク洗顔ブラシ、日立洗顔ブラシ

一方、「ReFa CLEAR(リファクリア)」は、「3Dソニックモーション」「イオンクレンジング」「熊野筆」の3つの機能を掛け合わせた技術である3Dソニックイオンテクノロジーを用いて、汚れ落ちと肌への優しさの同時実現を追求したブラシになっています。

・3Dソニックモーション

「ReFa CLEAR(リファクリア)」は、3次元の立体的な微振動を起こす3Dソニックモーションで、毛穴の奥まで洗い上げることができます。 この微振動は、動きの幅にもこだわっていて、毛穴の大きさに合わせて動くようにできています。そのため、毛穴を無理やり広げることなく、毛穴の奥に詰まった汚れを落とすことができます。 さらに、音波洗浄もできるので、毛穴の奥に詰まった古い角質もしっかり落とすことができます。

本当に「ReFa CLEAR(リファクリア)」は、3次元の立体的な動きをしているのか?ということで、目にみえる実験を行ってみました。 その実験は、シャーレに塩の粒を入れて、シャーレの下から「ReFa CLEAR(リファクリア)」を当てて塩の粒の動きをみる実験です。

実際に行ってみたところ、塩の粒が上下左右に勢いよく飛び跳ねていることが確認できました。 試しに、回転式や2D超音波式タイプの洗顔ブラシで実験してみましたが、左右に塩の粒が動くのみで、上下に勢いよく飛び跳ねる様子はみられませんでした。この実験だけでも、立体的な振動で毛穴の奥の汚れまでアプローチできることがわかります。

・イオンクレンジング

「ReFa CLEAR(リファクリア)」は、ただ毛穴の奥に詰まった汚れをブラシのみの物理的なアプローチだけではなく、肌に微弱な電流を通してマイナス化することで、毛穴の底にたまった汚れを電気の力で浮かして落とすことができるイオンクレンジング機能がついています。 化学的な力を利用することで、肌の毛穴の奥で地層化してしまったメイク汚れ等もしっかり落とすことができます。

「ReFa CLEAR(リファクリア)」にあるシルバーのラインを握ることで、イオンクレンジングすることができます。

・熊野筆

敏感肌でも、毛穴の奥に詰まった汚れをやさしく落とすことができるよう、熊野筆をブラシに採用しています。 日本の伝統技術として世界的に知られている上質な熊野筆を使っているので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

さらに、「ReFa CLEAR(リファクリア)」は、熊野筆のブラシに特殊加工を施すことで、できるだけ肌に負担をかけずに毛穴の汚れを落とすことができるようにしています。 熊野筆の職人の技術により、毛先に段差をつけて、根元に弾力を持たせて、さらに丸みを帯びたカットを施しているので、肌にやさしいので、毛穴の奥に詰まった汚れや肌表面の細かい汚れも落とすことができるのです。

本当に熊野筆のブラシは肌にやさしいのか?ということで、肌へのやさしさを目でみる実験を行いました。 その実験は、肌の角質層代わりとして、金魚すくいで使う薄い紙を手の甲の上に置いて、「ReFa CLEAR(リファクリア)」をくるくる回して当ててみる実験です。

薄い紙を手の甲に当てて、水で濡らした後、「ReFa CLEAR(リファクリア)」を手の甲に押し当てて、10回くるくる回してみたところ、全く薄い紙は破れませんでした。

比較対象として、手でやさしく3回くるくる回してみたところ、なんと薄い紙は破れてしまいました。つまり、「ReFa CLEAR(リファクリア)」は、手洗顔よりも肌への負担が少なくやさしいということが証明された実験です。 この実験結果はほんと驚きでした。手洗顔よりもやさしいとは、敏感肌の方なら安心して使用できますよね。

ReFa CLEAR(リファクリア) 詳細はこちら!

「ReFa CLEAR(リファクリア)」を実際に使用してみたら1回で肌に変化が!

私も実際に手の甲で洗顔泡をつけて、「ReFa CLEAR(リファクリア)」を使ってみました。

「ReFa CLEAR(リファクリア)」は以下3種類のモードが選択できるのも特徴の1つなんです。

・softモード(1分)

朝の洗顔や軽めのメイクの日に、やさしく洗うソフトモード。

・cleanモード(1分)

1日外出した夜やメイクオフ後に、しっかり洗うクリーンモード。

・deepモード(30秒)

テカリや毛穴の汚れが気になる時にスペシャルケアのディープモード。

各モード、時間が設定されていて、その時間が経つと、自動で停止するようになっているので、洗顔しすぎを防ぐこともできるんですよ。洗顔しすぎると、肌へダメージを与えてしまうことになり良くないそうですが、「ReFa CLEAR(リファクリア)」なら洗顔しすぎの心配もありません。 今回は、softモードで使ってみました。

実際に「ReFa CLEAR(リファクリア)」を手の甲に当ててくるくる回してみても、やわらかい泡で包まれながら洗っている感じで、とっても肌触りが気持ちいいです。ちょっと当てただけでも肌へのやさしさが感じられます。

1回1分、softモードで「ReFa CLEAR(リファクリア)」を使ってみましたが、驚いたことに1回使っただけで、化粧水の浸透性が高くなったんです。使う前は化粧水の浸透性がそれほどよくなかった手の甲も、使い終わった後は、高くなっているのが肌感覚で明らかにわかるほどでした。 私の場合、よほど毛穴の奥に角質や汚れが詰まっていたのではないかなと思っています。

「ReFa CLEAR(リファクリア)」を1ヶ月使ってみた結果

「ReFa CLEAR(リファクリア)」を1ヶ月使ってみました。

(使用開始2週間後)

肌触りがなんとなく滑らかになった感じがしましたが、まだプツプツとした毛穴が気になります。

(使用開始1ヶ月後)

使用前と比べて肌触りが明らかに滑らかになったのを感じました。 使い始める時点でできていた、ニキビの初期段階であるコメドが多数できていましたが、1ヶ月「ReFa CLEAR(リファクリア)」を使用してみたところ、コメドの数が明らかに減ってきたのがわかりました。 毛穴の奥に詰まった角質や汚れがしっかり落とせたから、ニキビ発生を初期段階で防ぐことができたのだろうと思いました。

ReFa CLEAR(リファクリア) 詳細はこちら!

「ReFa CLEAR(リファクリア)」はお手入れも簡単!

「ReFa CLEAR(リファクリア)」は使用後のお手入れも簡単です。 水をさっと流してブラシ部分を洗い、軽く水気を絞った後、タオルでふき、充電ホルダーに立て掛けて、ブラシ部分を自然乾燥させるだけでOKです。「ReFa CLEAR(リファクリア)」は防水機能付きで、お風呂場でも使えるので、洗っている時に多少水で濡れてしまっても問題ないです。

1回フルで充電すれば、14分間使うことができるので、1回充電すれば朝晩1分ずつ使用で1週間使うことができます。 充電は、充電ホルダーに「ReFa CLEAR(リファクリア)」を立て掛けるだけいいので簡単です。

ヘッド部分も簡単に外すことができるので、使っている間にブラシが消耗してしまったら、ブラシ交換をすれば、また毛穴の奥の汚れをしっかり落とすことができます。

専用洗顔料「ReFa MEDICAL CREAM WASH」と一緒に使うのがおすすめ!

「ReFa CLEAR(リファクリア)」と一緒に使う洗顔料は、スクラブ系の洗顔料以外であれば問題ないですが、「ReFa CLEAR(リファクリア)」と相性が良い洗顔料として開発された「ReFa MEDICAL CREAM WASH(リファメディカルクリームウォッシュ)」を使うことで、より毛穴汚れをしっかり落とすことができます。

「ReFa MEDICAL CREAM WASH(リファメディカルクリームウォッシュ)」は、0.1mm以下の肌に密着する濃密泡を作ることができるので、3Dの音波振動を毛穴の奥へとしっかり届けることができます。 しかもこの濃密泡は泡持ちがよく、なかなか泡が消えないようになっているので、毛穴の奥の汚れを効率的にしっかり洗い上げることができます。「ReFa CLEAR(リファクリア)」を使用する際には、「ReFa MEDICAL CREAM WASH(リファメディカルクリームウォッシュ)」とセットで使用するのがおすすめです。

ReFa CLEAR(リファクリア) 詳細はこちら!
手洗顔では落としにくい毛穴の奥に詰まった汚れや古い角質を除去することができるとあって人気急上昇の電動洗顔ブラシ。 毛穴エステを行う合間に、毎日使い続けることで